VMWare上でCent OS7を立ち上げた時に少しはまった話

普段仕事ではWindowsを使っていて、趣味ではMacを使っている私ですが、Windowsで開発環境を整えるのが億劫になってきた今日この頃です。

ネットに転がっている技術情報がMacのものが多いんですもん。

フロントサイドの環境構築で、npmでモジュールインストールするときにエラーバリバリでて助けてほしいときとか、Rails触り始めた段階での技術情報とか、探してもWindowsの情報ってあまりないんですよね。

だったら、仮想環境作ってみたら楽になったりしないかな?

と思い立ち、VMWareでやってみようと思いました。

軽い気持ちで始めたら、以外とハマったので備忘録です。

VMWareのインストール

VMWareは商用でなければ無料で使うことができます。

インストールはここを参照するだけでできると思います。詳細は割愛。

http://nelog.jp/vmware-linux

ネットワーク設定について

ここがはまった。。。デフォルトではゲストOSでインターネットの外に出ることができません。

ゲストOSの設定を見てみると、NATでホストOS側のインターフェースからインターネットに出れると思うのだが、、、

なんでや、、、と思っていたら、ネットワークインターフェースが起動していなかっただけでした。

コマンド一発!

$ nmcli c up ens33

繋がったー!

解決!

ネットワークインターフェース設定の変更

なので、ブート時にネットワークインターフェースが起動するように設定をします。

$ vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ens33
以下のように書き換えましょう
 TYPE=Ethernet
 BOOTPROTO=dhcp
 DEFROUTE=yes
 PEERDNS=yes
 PEERROUTES=yes
 IPV4_FAILURE_FATAL=no
 IPV6INIT=yes
 IPV6_AUTOCONF=yes
 IPV6_DEFROUTE=yes
 IPV6_PEERDNS=yes
 IPV6_PEERROUTES=yes
 IPV6_FAILURE_FATAL=no
 IPV6_ADDR_GEN_MODE=stable-privacy
 NAME=ens33
 UUID=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
 DEVICE=ens33
 ONBOOT=yes
ONBOOTのところを「no」から「yes」に変更するだけでOKです。

お恥ずかしながら、viエディタを使ったのも初めてだったので、使い方メモ

http://net-newbie.com/linux/commands/vi.html

まとめ

やっぱりまずはifconfigですね。

色々と自由にいじれる環境が整って嬉しいです^ ^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です